Month: September 2019
アダラートで高血圧を改善しましょう

高血圧は悪化させてしまうと命の危険に関わるような合併症を引き起こすことがあるので心配です。 そのため、高血圧だと診断された人はアダラートを使って改善すると良いでしょう。 アダラートはニフェジピンを主成分としている高血圧改善のための飲み薬です。 ニフェジピンはもともとドイツで発見された成分で、日本では1985年に高血圧治療薬として認可されました。 この薬はカルシウム拮抗薬という種類に分類されますが、それはこの薬が血圧を下げる仕組みによります。 カルシウムは血管壁の細胞の中に入ると血管を収縮させて血圧を上げるという性質を持っていますが、アダラートはカルシウムの細胞内への流入を抑える働きをすることにより血管を拡張し血圧を下げる作用があります。 カルシウム拮抗薬は高い安全性が特徴となっており高血圧治療に第一選択とされている種類です。 その中でもアダラートの効果は安定しており、飲んでいても血糖や脂質、尿酸に影響を与えないので高齢者にも良い薬だとされています。 アダラートを飲むことによって起こる可能性がある副作用には、頭痛や動悸、顔のほてりなどがあります。 その他にも便秘やむくみ、めまいなどが起こる可能性もあるため、服用中に体調の変化に気づいたら医師などに相談すると良いでしょう。 アダラートで高血圧治療をする時に気をつけたいこととしては、服用後に血圧が下がることによりめまいや立ちくらみが起こってしまうことがあり、高い所で作業をしていたり車の運転中だと危険なので充分注意して生活しましょう。 それから、この薬をグレープフルーツジュースとともに飲んでしまうと薬の作用が強まることがあり、危険です。 副作用を起こすリスクを下げるために、グレープフルーツジュースやアルコールはこの薬の服用中は避けるのがおすすめです。 アダラートを飲む時には錠剤を噛んだり割ったりするのはおすすめできません。 この薬は有効成分がだんだんと溶け出すように設計されているため、そのままの形で服用するようにしましょう。 アダラートは合併症の多い高齢者に向いている アダラートは合併症を発症しやすい高齢者に向いており、治療薬の第一選択として選定されることが多い薬です。 主成分として含まれるニフェジピンは、心臓や体の各部の血管の太さを広げることにより、血流を良くする働きを持ちます。 これによって、血液の抵抗値が減り血圧が下がるという仕組みです。 また、心臓の収縮を抑える作用によって心臓を休ませるといった結果へと繋がり、心臓や肺などが加齢によって弱まっている傾向が強い高齢者に最適です。 ニフェジピンの作用について詳しく見ていきましょう。 血圧が上昇する際、血管壁の細胞にカルシウムが混入する現象が起きますが、アダラートを服用することでカルシウムが細胞内に入るのを極力抑えます。 これによって、血管が広がり血圧が下がるといったメカニズムです。 このような作用から、アダラートはカルシウム拮抗薬に分類されています。 薬の効き目・キレが良く、その上安全性が高いため高血圧の治療に最もよく使用される医薬品です。 この医薬品のメリットとしては、血糖や尿酸・脂質などに影響せず、幅広い年齢が服用できる点です。 中でも、合併症の多い高齢の人に適しているとされています。 高血圧の他に、狭心症の治療にも使用される薬です。 血圧を適切な数値で保つことで、危険な合併症である脳卒中や心臓病・腎臓病を防ぐことにつながります。 その他、脳や腎臓、手足・目の網膜など体全体の血流を改善する作用もあるため、色んな病気の治療に応用される薬でもあります。 ただし、高齢者に多い心臓の薬・ジゴキシンを服用している場合、副作用が出現する可能性が高くなるため注意が必要な点も見逃せません。 さらに、抗真菌抗薬であるイトラコナゾールやミコナゾール、抗けいれん薬のフェニトインといった医薬品の飲み合わせにも注意したいところです。 医薬品以外には、アルコールやグレープフルーツジュースの飲み合わせには十分警戒してください。 アルコールはめまいや動悸などの副作用を強め、グレープフルーツジュースを一緒に飲むと薬の血中濃度が上昇し、副作用が出る可能性が上がるため、できるだけ避けるようにしましょう。

2019年09月17日