公開履歴
最新の投稿
オルメテックで高血圧治療を開始!

日ごろから健康を意識している方でも、時として生活習慣病で腎臓に負担をかけ高血圧などと診断され、その時から高血圧症の治療として医師から処方箋を渡され、薬による高血圧治療を余儀なくされます。 近年特に、高血圧になってしまう方が多く見受けられるようになりました。 高血圧症とされ医師から処方箋を渡されると、必ず記載してあるのが治療のために飲む薬の名前です。 高血圧の降圧剤としてオルメテックがあり、上がりすぎてしまった血圧を効果的に下げる薬となっています。 ARBなどと同様オルメテックがあります。 オルメサルタンの別名オルメテックは、高血圧の治療を始めるにあたって、オルメテック薬の効果や副作用についても知っておくことが大事なポイントです。 降圧剤のオルメテックの効果として、分かりやすく言えば血圧を下げるの一言に尽きます。 高血圧でも症状が軽度から重度までありますので、その人に合った薬の分量ということになります。 多く飲みすぎた場合など、薬の作用がきつくなるので必ず決められた分量を飲みます。 毎日必ず飲むことで血圧が安定した数値を維持するので、定期的に忘れず処方された薬を飲んで行くことになります。 どんな薬でもある程度は多少副作用があり、このオルメテックに関しても例外ではなく、めまいやふらつきがあるので、日常の生活の中であったり仕事での高所作業は危険が伴います。 薬の作用というものを良く知っておく必要があります。 その他にも発疹などや、まれではありますが呼吸困難やまぶた、唇、舌の腫れ、血管浮腫などが挙げられます。 本来オルメテックなどで治療する高血圧症の人は、食べ物から摂取するカリウムも、体内から余分なものを排出する働きがあることから食に気を付けます。 高カリウム症などといって体内でカリウムの濃度が増えてしまう病もあります。 オルメテックで高血圧症の治療を開始したら降圧剤の薬を飲むことは言うまでもありませんが、定期的に血液検査を実施して良い状態の維持を図ります。 腎臓が悪い方はオルメテック服用後、定期検査が必要 有効成分オルメサルタン・メドキソミルの作用で体内の血圧上昇システムの働きを阻害して血圧を下げるオルメテックはARB系統の降圧剤の中でも比較的新しい第2世代に属します。 有効性と安全性をさらに高めた降圧剤として広く処方されるようになっています。 ARBのメリットの1つでもある臓器保護作用にも優れ、高血圧治療のほか心不全に対する第一選択薬であり、腎臓そのものの保護や機能低下防止にも高い効果を発揮することから腎不全対策にも有効な治療薬です。 オルメテックは体内で血圧上昇に関わるアンジオテンシンIIをブロックして降圧効果をもたらします。 アンジオテンシンIIは心臓や腎臓の筋肉を線維化促進作用も持つことから、それらの臓器を線維化という硬くなって機能が落ちる状態から守ることができます。 特に腎臓は線維化して機能が衰えると腎不全が起こるリスクが高まるため、オルメテックの効能がその回避に役立ちます。 とは言えオルメテックにはアルドステロンというホルモンを弱める働きもあります。 体内のカリウムを減らす作用を持つアルドステロンの働きを低下させるオルメテックはカリウム排出を妨げてしまい高カリウム症の発症リスクを高めてしまいます。 高カリウム症は、重篤な副作用を起こす心配が少ないとされるオルメテックにおいても発症リスクがある副作用の一つとなっています。 元々腎臓が悪い人はオルメテックの服用を開始したのち長期にわたって服用を続ける際は定期的に診察や血液検査を受けて肝機能や腎機能、カリウム量などのチェックを受けることが大切です。 医師の診察や検査をきちんと受けることで腎機能をしっかり守り続けながら、安全に高血圧治療を続けて行くことが可能になります。

2019年10月15日
アダラートで高血圧を改善しましょう

高血圧は悪化させてしまうと命の危険に関わるような合併症を引き起こすことがあるので心配です。 そのため、高血圧だと診断された人はアダラートを使って改善すると良いでしょう。 アダラートはニフェジピンを主成分としている高血圧改善のための飲み薬です。 ニフェジピンはもともとドイツで発見された成分で、日本では1985年に高血圧治療薬として認可されました。 この薬はカルシウム拮抗薬という種類に分類されますが、それはこの薬が血圧を下げる仕組みによります。 カルシウムは血管壁の細胞の中に入ると血管を収縮させて血圧を上げるという性質を持っていますが、アダラートはカルシウムの細胞内への流入を抑える働きをすることにより血管を拡張し血圧を下げる作用があります。 カルシウム拮抗薬は高い安全性が特徴となっており高血圧治療に第一選択とされている種類です。 その中でもアダラートの効果は安定しており、飲んでいても血糖や脂質、尿酸に影響を与えないので高齢者にも良い薬だとされています。 アダラートを飲むことによって起こる可能性がある副作用には、頭痛や動悸、顔のほてりなどがあります。 その他にも便秘やむくみ、めまいなどが起こる可能性もあるため、服用中に体調の変化に気づいたら医師などに相談すると良いでしょう。 アダラートで高血圧治療をする時に気をつけたいこととしては、服用後に血圧が下がることによりめまいや立ちくらみが起こってしまうことがあり、高い所で作業をしていたり車の運転中だと危険なので充分注意して生活しましょう。 それから、この薬をグレープフルーツジュースとともに飲んでしまうと薬の作用が強まることがあり、危険です。 副作用を起こすリスクを下げるために、グレープフルーツジュースやアルコールはこの薬の服用中は避けるのがおすすめです。 アダラートを飲む時には錠剤を噛んだり割ったりするのはおすすめできません。 この薬は有効成分がだんだんと溶け出すように設計されているため、そのままの形で服用するようにしましょう。 アダラートは合併症の多い高齢者に向いている アダラートは合併症を発症しやすい高齢者に向いており、治療薬の第一選択として選定されることが多い薬です。 主成分として含まれるニフェジピンは、心臓や体の各部の血管の太さを広げることにより、血流を良くする働きを持ちます。 これによって、血液の抵抗値が減り血圧が下がるという仕組みです。 また、心臓の収縮を抑える作用によって心臓を休ませるといった結果へと繋がり、心臓や肺などが加齢によって弱まっている傾向が強い高齢者に最適です。 ニフェジピンの作用について詳しく見ていきましょう。 血圧が上昇する際、血管壁の細胞にカルシウムが混入する現象が起きますが、アダラートを服用することでカルシウムが細胞内に入るのを極力抑えます。 これによって、血管が広がり血圧が下がるといったメカニズムです。 このような作用から、アダラートはカルシウム拮抗薬に分類されています。 薬の効き目・キレが良く、その上安全性が高いため高血圧の治療に最もよく使用される医薬品です。 この医薬品のメリットとしては、血糖や尿酸・脂質などに影響せず、幅広い年齢が服用できる点です。 中でも、合併症の多い高齢の人に適しているとされています。 高血圧の他に、狭心症の治療にも使用される薬です。 血圧を適切な数値で保つことで、危険な合併症である脳卒中や心臓病・腎臓病を防ぐことにつながります。 その他、脳や腎臓、手足・目の網膜など体全体の血流を改善する作用もあるため、色んな病気の治療に応用される薬でもあります。 ただし、高齢者に多い心臓の薬・ジゴキシンを服用している場合、副作用が出現する可能性が高くなるため注意が必要な点も見逃せません。 さらに、抗真菌抗薬であるイトラコナゾールやミコナゾール、抗けいれん薬のフェニトインといった医薬品の飲み合わせにも注意したいところです。 医薬品以外には、アルコールやグレープフルーツジュースの飲み合わせには十分警戒してください。 アルコールはめまいや動悸などの副作用を強め、グレープフルーツジュースを一緒に飲むと薬の血中濃度が上昇し、副作用が出る可能性が上がるため、できるだけ避けるようにしましょう。

2019年09月17日
ミカルディスは新しいタイプの降圧薬

ミカルディスはARBことアンジオテンシンII受容体拮抗薬というグループに属しています。 有効成分テルミサルタンの作用でRAA系という体内の血圧上昇システムで働くアンジオテンシンIIが受容体と結合するのをブロックして効果をあらわす降圧薬です。 ミカルディスは心臓や腎臓を保護することにも優れています。 1日1回の服用で24時間以上安定して作用する持続性の高さを持っており、比較的副作用が少ないこともあってアンジオテンシンII受容体拮抗薬の中でも特に人気が高く、処方数を増やし続けている薬です。 ミカルディスなどのRAA系は、本来血圧が下がり過ぎた時に血圧を上げる作用を開始しますが、高血圧症で血圧が高いままになっている状態では誤作動を起こして常に血圧上昇を促すようになります。 ミカルディスの場合、有効成分テルミサルタンがRAA系の最終段階でアンジオテンシンIIが受容体と結合して働き始める前にブロックして降圧します。 アンジオテンシンIIは心臓や腎臓の筋肉を硬くして機能低下を起こす原因になる線維化を促進させるため、ミカルディスのブロック効果は臓器保護作用にも役立っています。 アンジオテンシンII受容体拮抗薬自体、RAA系でアンジオテンシンIがアンジオテンシンIIになるのを阻害するACE阻害薬の問題点を改良して生み出された降圧薬グループです。 その中でも新しいタイプのミカルディスはさらに有効性を高め、副作用を極力抑えることも実現して、長期維持療法に適した薬として認められるようになりました。 効果的に血圧を下げ臓器保護作用も有して、長時間安定した作用を持つことで明け方に多い心筋梗塞や脳梗塞を起こすリスクも低減しています。 高血圧治療に必要な効能をすべて備えている上、ミカルディスは血糖値の改善にも役立つというメリットも持っています。 ミカルディスの有効成分テルミサルタンを使ったジェネリック医薬品も多く登場しており、今後さらに高血圧治療に役立てられることが期待される薬です。 ミカルディスは副作用の少ない降圧薬 ミカルディスは体内で血圧を上げるアンジオテンシンIIが受容体と結合するのを、有効成分テルミサルタンが阻害することで効果をあらわす降圧薬です。 ARBの中でも第2世代という比較的新しいタイプに属するミカルディスは、空咳の副作用があるACE阻害薬を改良して作られたARBグループが持つ効果効能と安全性をさらに高め、広く高血圧治療に役立てられるようになっています。 ミカルディスの有効成分テルミサルタンは比較的副作用が少ないことから高血圧症の長期維持療法に適しているというメリットがあります。 また、1日1回の服用で24時間作用する持続性によって心筋梗塞などの発症が多い深夜や明け方にも薬効が続く点も重宝されています。 ARBはACE阻害薬で問題視されている空咳の副作用が生じにくい降圧薬です。 第2世代のミカルディスはアンジオテンシンII受容体のうち血圧上昇に関わるAT1受容体のみを阻害する効能を持つため、さらに余分な作用を抑えて降圧効果が高められた薬です。 医師の指示や用法用量を守って服用を続ける限り重篤な副作用が生じにくいとされるミカルディスですが、服用開始時期には身体が薬効に慣れないためにめまいや立ちくらみ、倦怠感などの副作用が出て来ることがあると言われます。 徐々に慣れるものの車の運転や危険な機械の操作、高所での作業等には注意すべきとされ、症状がひどい場合は医師に相談することも大事です。 ミカルディスには併用注意とされる医薬品が少なくないですが、特に注意が必要なのがカリウム補給薬やカリウム保持性降圧利尿薬などとの併用です。 ミカルディスはアルドステロンというホルモンの作用を低下させることから体内のカリウム量が増えて高カリウム血症が起こる心配があり、カリウムの補給や保持を行うタイプの薬との併用で発症リスクを高めてしまいます。 ミカルディスを服用する際は定期的な血液検査を受けて肝機能や腎機能、カリウム量を医師にチェックしてもらうことで、副作用の心配をさらに減らすことに繋げられます。

2019年08月28日
安全性が高いノルバスクで血圧を正常にする

ノルバスクの一般名はアムロジピンでカルシウム拮抗薬という降圧剤です。 カルシウム拮抗薬においてノルバスクの特徴として副作用が少ないことがあげられます。 ノルバスクは持続力に優れていて、1日1回服用することで1日通して効果が持続することができるでしょう。 カルシウム拮抗薬において第三世代と呼ばれていて最も新しい世代に属しており、カルシウム拮抗薬はもともと副作用が少なめなので第一世代や第二世代から改良が重ねられています。 第三世代のカルシウム拮抗薬「ノルバスク」は特に安全性の高い薬になっていて、作用時間が非常に長くなっています。 薬の血中濃度が半分にダウンする半減期の時間は30時間以上あり、1日1回服用することでかなりの効果は持続することが可能です。 血圧はある時間だけ下げれば良いというものではなく、1日を通してきちんと下げることが重要になります。 24時間きちんと効き続けることができるノルバスクは優れた降圧剤だと言えるでしょう。 ノルバスクは今でも幅広く処方されていて、医師からも高い評価を得ています。 ノルバスクは強力な降圧剤ですが、比較的薬価が安く設定されています。 血圧を下げる作用はもちろん腎臓を保護することができたり、血糖を改善することができるなどのさまざまな付加効果があります。 このような特徴を利用することによって1剤でいろいろな効果を得ている人も中にはいるでしょう。 尚、血糖や尿酸・脂質などに影響せず、年齢に関係なく広く利用することが可能です。 特に合併症の多い高齢の人に向いていて使いやすい薬の一つです。 もともと値段が安くなっていますが、インターネットにある薬剤サイトなどを利用するとさらにコストを削減することができます。 薬剤サイトにはジェネリック医薬品などを含むさまざまな医薬品がリリースされているので、自分の症状に応じて商品を選択することができ各種クレジットカードなどで支払うことができるので便利です。 ノルバスクは幅広い年齢に用いられる薬 有効成分アムロジピンの働きで効果的に血管を拡張し血圧を下げるノルバスクは、カルシウム拮抗薬グループの中でも比較的新しい降圧剤として知られています。 優れた降圧効果と安全性、効果が安定して続く作用時間の長さから血管拡張剤の中では最も多く処方される薬です。 効果の高さと副作用の少なさによって高血圧治療の第一選択薬になっているカルシウム拮抗薬の中でも、さらに安全性が高められている第三世代に属するノルバスクは、幅広い年齢に用いられる薬としても重宝されています。 ノルバスクが年齢に関係なく幅広く用いられる降圧剤となっている理由は有効成分アムロジピンの作用が血糖や尿酸、脂質などには影響を及ぼさない点にあります。 そのメリットによって特にさまざまな合併症が多く出るようになっている高齢の人に向く薬となっています。 穏やかに効き始めて安定した効果が長く続くという作用のあらわれ方も、薬の副作用が出やすい高齢の人に向くものとなっています。 ノルバスクは持効性のカルシウム拮抗薬を用いた長期臨床試験で予後改善効果という長生き効果も認められており、高齢の人には喜ばしい薬であることが試験結果からも明らかになっている薬でもあります。 安全で優れた効果を持つ高血圧治療薬として幅広い年齢に用いられるノルバスクですが、どの種類の薬においても副作用が出やすい高齢の人は、少量から服用を開始するなど慎重な投与が行われます。 重い肝臓病や重い腎臓病の人も注意が必要とされており、高齢の人同様に服用後に異変があった際はすぐに医師に相談する必要があります。 6歳以上の小児への投与に際しては1日5ミリグラムを超えないこととされており、高齢の人や小児へは投与量に注意することで幅広い年齢への安全性がさらに高められると言えます。

2019年08月08日
高血圧になる原因と予防方法

自律神経の働きや腎臓の働きのバランスがとれていれば、血圧が下がりすぎれば上がるように血圧が上がりすぎれば下がるように私たちの体は調整されます。 ところが何らかの理由で一定の範囲を踏み外して、慢性的に血圧の高い状態が続くようになってしまうことがあります。 それが高血圧です。 どうして高血圧になるのか実はわかっているようでよくわかってはいません。 確かに肥満や喫煙などは血圧を上げる要因です。 しかしそれは血圧を上げる可能性がある危険因子ではあっても、原因というものではありません。 あなたは高血圧ですと言われたらなぜ血圧が高くなってしまったのだろうと原因を知りたいと思うのは当然のことですが、実のところは原因がはっきりしない場合が大半を占めます。 このように原因のわからない高血圧を、本態性高血圧といいます。 本態性というのは原因不明ということを指す医学用語です。 高血圧は遺伝性というよりも、日頃の生活習慣から血圧が上がってくるものだと考えられています。 高血圧の中でもはっきりとした原因がわかるものは、二次性高血圧と呼ばれています。 たとえば腎臓へ向かう腎動脈が狭くなることによっておこる腎血管性高血圧・甲状腺の異常である甲状腺機能亢進症によっておこるもの・副腎の腫瘍や副腎の肥大から起きる原発性アルドステロン症などが多いようです。 こうした原因で血圧が上がっている場合があります。 原因がわからないといっても血圧が上がる仕組みについては、塩分が大きくかかわることははっきりしてきました。 塩分と血圧の関係はずいぶん昔から指摘されていたところですが、最近改めて重要なポイントであると認識され始めたようです。 高血圧の予防方法というのはまずは食生活で塩分を控えることです。 そして減塩に加えて野菜や果物を積極的に食べて、カリウムを摂取すること、肉より魚を食べることも大切です。 さらに運動を始めてみて体重を落とすこと、また煙草を吸っている人はやめることが必要です。 運動は適度な運動をすることが大切で、ハードな運動をすると逆に塩分が体から出すぎてしまったり心肺機能に負担がかかりますので、自分の体の調子に合わせて行ってください。 メインメートの主な副作用について 高血圧の原因は人それぞれですが、予防方法に取り組んでも、遺伝性で発生しやすい体質の人もいます。 そういった人に役立つのがメインメートで、上がり過ぎた血圧を抑えて心臓を休ませてくれます。 メインメートには、体が怠くなったりめまいが生じるなど、飲み始めに感じる軽い副作用があります。 軽微であれば心配ありませんが、酷く感じる場合は早めに受診することをおすすめします。 ケースによってはフラつきを伴うので、外出を行う際には特に注意することが大切です。 また高血圧を改善する薬ですから、効き目が出過ぎて逆に作用する時もあります。 更に徐脈やむくみ、手足の痺れに冷え感といった、血圧に関係する症状も副作用に該当します。 むくみは塩分を控えたり、適度な運動で体内の水分バランスを整えると改善できます。 ただハードな運動は逆効果ですから、心肺機能の負担をかけないように気を付けて、あくまでも適度を心がけるのが理想的です。 高血圧の薬では意外かもしれませんが、目がゴロゴロしたりショボショボする乾燥の副作用も発生します。 予防方法は医師と相談して服用量を調節したり、空気が乾燥した場所を避けるなどが中心です。 一方では適度な水分補給に加えて、目の潤いを守るケアも必要になります。 重い副作用には心不全や心ブロック、それに高度な徐脈に苦しさや疲れやすさなど、心肺機能の負担を感じさせるものがあります。 肥満の人は心臓に負担が掛かりやすい状態ですから、メインメートの服用で体に違和感を覚えたら、速やかに医師に相談することが重要です。 肥満や塩分の摂り過ぎ、あるいはハードな運動に心覚えがなくても、喘息を抱えていればメインメートの服用には要注意です。 メインメートは時に喘息発作を誘発させ、咳き込んだりゼイゼイと息をする、息切れや呼吸しにくい副作用ももたらします。 高血圧は遺伝性の先天的な原因を持つものと、生活習慣による後天的な二種類に分かれます 加えて高血圧によって併発する症状も、高血圧以外で患う病気も人によるので、メインメート服用の際には合併症や持病の悪化にも注意が求められます。

2019年07月19日
メインメートは狭心症や不整脈にも効果がある

メインメートにはβ受容体を遮断する作用があります。 これによって、心拍数を抑えられて血圧を下げられるので、狭心症や不整脈などの治療にも使われています。 服用して血圧が下がれば脳梗塞や心筋梗塞などになる危険性が低くなります。 血液濃度が一番高くなるのは、服用してから3時間後ぐらいです。 それから9時間ぐらい経つと血液濃度は半分になります。 メインメートの効果の持続時間は24時間ぐらいなので、服用回数は1日1回です。 量は症状や年齢によって違うので、医師の指示通りに服用することが大切です。 自分の判断で勝手に量を減らしたり服用をやめてはいけません。 飲み忘れないように注意が必要ですが、飲み忘れたからといって2回分を1度に飲んではいけません。 主な副作用は心血管系に関係があるものでめまいやふらつき、徐脈などがありこの他にもいろいろ報告されています。 めまいやふらつきが表れている時は車の運転には十分気をつけましょう。 重大な副作用が出る場合もあるので注意が必要です。 重大な副作用を早期発見するためにも、心機能検査を定期的に受けた方がいいです。 少しでも気になる症状がある場合は医師に相談しましょう。 服用してはいけない人もいるので注意が必要です。 不整脈でも高度の徐脈や房室ブロック、洞不全症候群などの人が服用すると症状が悪化する可能性があります。 高齢者の人が服用すると副作用が強く出る可能性が高いので気をつけましょう。 妊娠中の人や授乳中の人は服用してはいけません。 服用すると胎児の血糖値が下がったり徐脈になったりしてしまいます。 メインメートを服用している時は飲み合わせに注意が必要です。 併用してはいけない薬があるので、薬を服用している人は必ず医師に確認してください。 普段から飲酒をしている人は、メインメートを服用している間はお酒を我慢しないといけません。 お酒と一緒に飲むと効果が強く出るので危険です。 血圧が下がり過ぎて副作用が出てしまう場合があります。 高血圧の人はハード運動に注意しましょう メインメートを服用中の方の中には、血圧を下げるために運動を取り入れている場合も少なくありません。 たしかに適度な有酸素運動は降圧効果を期待出来ます。 血管壁は外膜・中幕・内膜の3層構造になっており、血管内側は血管内皮細胞で覆われています。 適度な運動は、血管内皮細胞の機能を改善させる作用があり、血圧を下げる効果があるとされているのです。 また血管内皮細胞には血管内壁の柔軟性を維持する物質を分泌しています。 血管壁の柔軟性がなくなると動脈硬化につながり、さらなる血圧上昇につながります。 そこで適度な有酸素運動には、降圧効果を期待できると言うわけです。 しかし運動にも程度があり、あまりに激しい運動を行うとむしろ逆効果になる点も指摘されています。 適度な有酸素運動の指標として毎日定期的に30分程度のウォーキングやスイミングなどが推奨されています。 これに対して激しいランニングなどを行うと、血圧が急激に上昇し脳卒中や狭心症のリスクを高めます。 激しい有酸素運動だけでなく、急激に力を入れる無酸素運動なども同様のリスクがあるので、運動強度にも注意を払う必要があります。 メインメートで不整脈や狭心症を治療中は、めまいなどの副作用の問題があるので、日常的に車の運転をする方は常に注意を払う必要があります。 またメインメート服用中の注意すべき生活習慣としては、既述のように飲酒は要注意です。 アルコールの血管拡張作用と合わさって効果が強く出る結果、血圧が下がりすぎ除脈の危険があるからです。 メインメートは狭心症や不整脈の治療に使用されていますが、普段の生活習慣では副作用や効果が強く出る傾向などに注意を払う必要に迫られます。 安全に治療を完遂し副作用のリスクを回避するために、体調の変化を自覚したら、速やかに主治医に相談するよう心がけて下さい。

2019年07月04日
高血圧症ならメインメートで血圧を下げよう

メインメートには心拍をおさえ、心臓の過剰な働きを抑制する作用があります。 心臓にある交感神経のβ1受容体を遮断することによって心臓の拍動がおさえられ、血圧が下がる作用があります。 心臓の拍動を活発にしたり、血圧を上昇させる交感神経のβ作用を抑える働きがあるので、軽症?中等症の高血圧症の治療薬として用いられている薬です。 β1受容体が刺激されると心臓の働きが促進され、心拍数が増えるようになります。 逆に、β1受容体が刺激されなければ心拍数は減少します。 メインメートを服用するとβ受容体を遮断するため心拍の拍動がおさえられます。 これがメインメートの作用機序です。 メインメートにはビソプロロールフマル酸塩という成分が用いられています。 ビソプロロールフマル酸塩は脈拍と血圧を下げ、心臓に負担をかける神経とホルモンを抑制する効果があります。 メインメートを服用すると、病気によってはかえって症状を悪化させる可能性があるため注意が必要です。 特に、急性心不全や喘息、レイノー症状のある人は基本的に服用することはできません。 また、糖尿病の人では血糖降下薬の作用が出やすくなってしまうため注意が必要です。 飲み合わせに注意する薬がたくさんあることから、飲み合わせには特に注意する必要があります。 メインメートは基本的に成人は1回2錠を1日1回服用しますが、治療を受ける疾患や年齢・症状によって適宜増減されます。 そのため、必ず医師の指導のもとで用法用量を守って正しく服用することが大切です。 メインメートを服用する場合には、自己判断で使用を中止してはいけません。 自己判断で使用を中止すると症状が悪化する可能性があります。 また、危険を伴う機械の操作は控える必要があります。 メインメートの効果である降圧作用によって目眩やふらつきのような症状があらわれる可能性があるため注意が必要です。 特に、服用しはじめは効果が強くあらわれることがあるため十分注意する必要があります。 メインメートの効果や作用について メインメートに含まれている有効成分のビソプロロールフマル酸塩は、交感神経β受容体遮断薬という薬に分類されています。 この成分は神経伝達物質であるアドレナリンがその受容体に結びつくことを妨げます。 そのため交感神経の刺激が身体の組織に伝わるのを防ぐことができ、交感神経が優位になったときに起こる様々な反応を抑制することができます。 交感神経β受容体遮断薬はβブロッカーとも呼ばれ、主に心臓にあるアドレナリンβ受容体に作用する薬です。 メインメートはβ受容体のなかでも心臓にあるβ1受容体にのみ作用するため、気管支や血管などにあるβ2受容体には働きかけません。 気管支や血管に働きかける効果を持っているβブロッカーでは喘息や空咳などの症状を引き起こすことがありますが、メインメートではそうしたことは少なくなっています。 また、メインメートは軽症・中等症の高血圧症だけでなく、一部の慢性心不全の治療にも効果があります。 これはメインメートが心臓の過剰な働きを抑制することで、心筋にかかる負担を減らしてくれるためです。 メインメートには薬の服用によって逆に交感神経が刺激されてしまう内因性の交感神経刺激作用がなく、心臓に持病のある患者さんでも安全に使用することができます。 メインメートは半減期が長く、およそ8.6時間となっています。 そのため飲んだ後の有効成分の作用時間が長く、ほぼ24時間にわたって効果が持続します。 薬の服用後の血圧の変動が起こりにくく、1日を通して血圧の状態を一定に保つことが可能になっています。 また、有効成分であるビソプロロールフマル酸塩は腎臓と肝臓からほぼ半々に排泄されるため、高血圧によって腎臓に負担がかかっている人でも血圧を下げる効果を得ることができます。

2019年06月20日